MustLoveJapan

魚沼・目黒邸

観光案内

魚沼・目黒邸(めぐろてい)は、新潟県魚沼にある豪農の伝統家屋。1797年に建てられた農家で、豪雪地帯の特徴をよく残す日本家屋である。豪華なつくりの家屋で、池泉回遊式の庭園があり、また奥茶室にはすぐ横に池が備えられている特長のある家屋である。国の重要文化財に指定されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:300円
時間:9:00~16:00
12月~3月は休館。

アクセス
JR只見線越後須原駅から徒歩すぐ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 魚沼・目黒邸

詳細案内

魚沼・目黒邸

種類:伝統家屋

目黒邸は1797年は、1797年に建てられた豪農住宅。積雪が3メートルを超える豪雪地帯の特徴をよく捉えており、丈夫な梁や柱が見られる。

主屋は、土間、炉地、控の間、不寝番の部屋、馬屋、茶の間があり、仏間などさまざまな部屋がある。槍の間からは池泉回遊式の見事な庭園が備えられている。

離れ座敷には茶室、書道院、大床などがあり、そこから直に池が展開する珍しいつくりになっている。

目黒家は会津蘆名氏に仕え、1590年にこの地に帰農した豪農である。