MustLoveJapan

旧植松家住宅

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

旧植松家住宅(きゅううえまつけじゅうたく)は、静岡県裾野市にある平地農家である。建築年代は、18世紀の始めよりも古いと考えられる。当時の面影を今も良く残す伝統家屋である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
開館日:週末・祝日
時間:9:00-16:00

アクセス
JR御殿場線裾野駅から徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 旧植松家住宅

詳細案内

旧植松家住宅

種類:伝統家屋

旧植松家住宅は、裾野市石脇にあった平地農家が移築された伝統建築である。植松家は、源頼朝が1193年に行った鷹狩りをした頃に、尾張国津島から当地に移住した草分け7家のうちで代々名手を務めたといわれる。

住宅の建築年代は建築手法から18世紀初頭よりも古いと考えられる。この住宅は茅葺き屋根で正面と座敷回りには葺下の庇が取り付けてある。間口9間、奥行き5間で土間の裏側はさらに半間ほど張り出している。