MustLoveJapan

徳島阿波踊り

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

徳島阿波踊りは、8月12日から15日までの4日間開催される日本最大の阿波踊り祭り。阿波踊り発祥の地である徳島ならではの盛り上がりを見せる。阿波踊りは1587年から400年以上の歴史を持つ祭りで、現在1,000を超える連(グループの単位)が参加し祭り期間中は、町中で踊り狂う人を含めると10万人以上が踊り明かす日本最大の踊り祭りである。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
駐車場はさまざまな場所に点在するが当日は大変混雑する。場所は駅や観光協会で手に入る地図にて記載されている。
時間:18:00~23:00まで町中で踊られている。
期間:8月12日~15日
会場は、有料桟敷席と無料席がある。1時間ぐらい前から場所取りをするとよい。が荷物だけの場所取りは荷物が回収されるので注意。

アクセス
徳島駅南口周辺。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 徳島阿波踊り

詳細案内

徳島阿波踊り

種類:阿波踊り
阿波踊りは1587年に徳島城が落成したのを祝って城下の住民が踊ったのが起源とされる。現在は130万人以上の人で賑わう西日本でももっとも人気のある夏祭りの一つである。

踊りは、高張り提灯を先頭に、子供、女踊り、男踊り、鳴り物と続き、総じて「連」と呼ばれる。現在は約1,000の連が参加し、町中で自由に踊る人も含めると10万人以上が踊る。もっともエネルギッシュな夏祭りである。徳島駅の前の区間が歩行者天国となり、町の各所で特別ステージが設けられる。席は有料桟敷席と無料席がある。

観光客も気軽に参加できる「にわか連」があり、誰でも無料で気軽に参加できる。見るだけでなく、踊りに参加できるのが徳島の最大の特徴である。集合場所や練習場所は毎年違うので観光協会で確認すること。他にも祭り期間中は町のあちこちで踊りが行われており、そちらも気軽に参加できる。