MustLoveJapan

東尋坊

観光案内

東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市にある海岸。越前加賀海岸国定公園に属する。海食によって海岸の岩肌が削られ、高さ約25メートルの岩壁が続く。この岩は輝石安山岩の柱状節理でこれほどの規模を持つものは世界に三箇所だけであり地質上極めて貴重とされ、国の天然記念物及び名勝に指定されている。東尋坊の名前は永平寺の僧の名前に由来する。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
売店 【有】

アクセス
JR北陸線芦原温泉駅よりバスで。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 東尋坊

詳細案内

東尋坊

種類:断崖絶壁

東尋坊は、今から約1,200 - 1,300万年前の新生代第三紀中新世に起こった火山活動で、マグマが堆積岩層中に貫入して冷え固まってできた火山岩が、日本海の波による侵食を受け地上に現れたものとされている。

東尋坊の火山岩は白色の斜長石の斑晶や暗緑色の普通輝石・紫蘇輝石の斑晶を含む安山岩で、マグマが冷えて固まるときにできた五 - 六角形の柱状の割れ目(柱状節理)がよく発達している。

この柱状節理の規模の大きさが地質学的に極めて貴重であるとされ、1935年に国の天然記念物・名勝に指定された。また、平成19年には日本の地質百選に選定された。


(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)