MustLoveJapan

天童

観光案内

天童(てんどう)は、山形県の中央にある都市。将棋の町として知られ、全国の90%以上の将棋を生産している。将棋の起源は織田信長の子孫で天童藩主の織田信学が織田信長が推奨した将棋製造を家臣に促した事が始まりである。現在行われている本将棋は実は織田信長が考案した将棋である。信学は武士が内職として将棋造りを行う事は恥ではない。むしろ信長は戦術能力を鍛える道具として武将達に推奨したと説いたと言われる。他に、天童は温泉の町としても知られる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR奥羽線天童駅周辺


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 天童

詳細案内

天童

種類:歴史散策 温泉街 織田信長

天童の将棋は江戸時代、織田信長の子孫・織田信学によって始められる。藩主の信学は藩の財政を立て直す為に、侍に将棋駒の製造を内職として推奨する。武士として誇りを持つ侍に内職を行わせるために、信学は将棋は藩祖にて偉大なる織田信長こそが本将棋を考案し、彼の将軍にも戦略や戦術の構想力を鍛える為に部下に将棋をする事を推奨していた事を教え、侍が将棋を行う事は恥ずべき事では無く、むしろ正しいと説き製造を開始する事になったと伝えられる。現在も、天童の将棋は天童藩士の末裔、つまり侍の子孫によって脈々と技法は受け継がれ、信長の侍によって製造されている。

将棋駒の4段階の品質
書き駒:駒の上に直接漆で文字を書いただけの駒。
彫り駒:駒に文字を彫り、漆で塗った駒。
彫り埋め駒:駒に文字を彫り、漆で塗り埋めて表面を平らにした駒。
盛り上げ駒:彫り埋め駒にさらに漆で文字を書き表面に漆の文字を盛り上げた駒。将棋の駒では最高級の品である。

建勲神社(たけいさおじんじゃ)は、山形県天童にある織田信長を祀る神社。織田信長の子孫である、織田信敏が東京の私邸内に「織田社」と称して祀っていた社を、天童の舞鶴山の山頂へ分祀したのが、建勲神社の起源である。天童は、織田信長の次男・信雄の子孫で、信雄の四男・信良が藩主として納めた土地であり、織田家所縁の地である。

天童名物、人間将棋は建勲神社の取り仕切りで催される。


(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)