MustLoveJapan

立山雪の大谷

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

立山雪の大谷(たてやまゆきのおおたに)は、立山黒部アルペーンルートに現れる巨大な雪の大谷。富山県立山にある世界でも有名な日本の観光名所の一つで、春の立山連峰に現れる。最も落差の有る壁は時には20mにも達する巨大な行きの渓谷となる。長さは500mあり、その迫力は圧巻。立山の室堂高原は標高が2450mあり、夏まで雪が残る。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:立山駅から往復大人4310円、子供2160円。
時間:朝6時から美女平駅発最終は17時30分
期間:4月中旬から6月中旬
雪の大谷は9:30から。

アクセス
立山駅から、ケーブルカーで美女平まで。そこからシャトルバス。GWはバス、ケーブルカーが特別増便有。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 立山雪の大谷

詳細案内

立山雪の大谷

種類:雪 渓谷 壁 立山 大谷

立山黒部アルペンルートの雪の大谷は、春から初夏にかけて立山連峰室堂高原に現れる、巨大な雪の大谷。最大落差20m及ぶ巨大な雪の壁は圧倒的な迫力を持つ。また、6月まで雪が楽しめる日本でも珍しいスポットである。長さ500mあり、歩行専用道路が設けられる。

周辺にも一面の銀世界が楽しめる。

注意:室堂は標高が高い為気温が低いので暖かい格好とぬれにくく歩きやすい靴が必要。

Offcial