MustLoveJapan

玉陵

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

玉陵(たまうどぅん)は、沖縄県那覇市にある第二代尚氏の王陵。国指定の史跡、文化財そして世界遺産に登録されている。玉陵は1501年、尚真王が父尚円王の遺骨を改葬する為に築かれ、その後第二代尚氏の陵墓となった。沖縄独特の墓である、破風墓では沖縄県最大の規模を誇る。

観光情報
駐車場【有】首里城
トイレ【有】
料金:大人300円、子供150円。団体割引有。
時間:9:00~18:00(入場は17:30)

アクセス
ゆいレール首里駅から徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 玉陵

詳細案内

種類:世界遺産 琉球王国のグスク及び関連遺産群 破風墓 第二代尚氏

玉陵(玉御殿または霊御殿とも)は、琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている沖縄最大の破風墓の陵墓。1501年、尚真王が父尚円王の遺骨を改葬する為に築かれ、その後第二代尚氏の陵墓となった。

墓室は三つに分かれ、中室は洗骨前の遺骸を安置する部屋、創建当初の東室は洗骨後の王と王妃、西室には、墓前の庭の王陵碑に記されている限り家族が葬られていた。全体の作りは当時の板葺き屋根の宮殿を表した石造建造物になっている。2442平方メートルある。

太平洋戦争では甚大な被害を受けたが、1974年から3年かけて修復された。

// //