MustLoveJapan

建勲神社

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

建勲神社(たけいさおじんじゃ)は、山形県天童にある織田信長を祀る神社。織田信長の子孫である、織田信敏が東京の私邸内に「織田社」と称して祀っていた社を、天童の舞鶴山の山頂へ分祀したのが、建勲神社の起源である。天童は、織田信長の次男・信雄の子孫で、信雄の四男・信良が藩主として納めた土地であり、織田家所縁の地である。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】
宝物殿 【無】

拝観料:無料
参拝時間:終日

アクセス
JR奥羽線天童駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 建勲神社

詳細案内

主祭神:織田信長
創建:1870年
主な神事:例祭 5月3日

天童は織田信長の二男信雄の直系が統治していた。その縁で日本で最初に、織田信長公をご祭神とする建勲神社が、1870年に建立された。 最初は建織田(たけしおりた)神の神号であった。のちに建勲社(たけいさお)と改称され、建勲神社となる。

織田信長のファンが多く訪れる、信長めぐりのスポットの一つである。

(参照:オフィシャル情報)

// //