MustLoveJapan

高崎白衣大観音

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

高崎白衣大観音(たかさきびゃくいだいかんのん)は、群馬県高崎市にある観音像。観音山丘陵にある慈眼院にある高さ41.8mの大観音像である。高崎市のシンボルとして親しまれている。内部には20体の仏像が安置されている。

観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【有】

拝観料:高校生以上300円、子供100円。団体割引有り。
参拝時間:9:00~17:00(4月~10月)、 9:00~16:30(11月~3月)

アクセス
高崎駅からバスで観音山頂まで。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 高崎白衣大観音

詳細案内

高崎白衣大観音

宗派:真言宗

高崎観音は1936年に高崎の実業家井上保三郎によって建立された。高さ41.8m重さ約6000トンのコンクリート造りで、観音山の山頂、標高190mにあり、造立当時は世界最大の観音像であった。境内は東国の花寺100寺の1つに選ばれている。

オフィシャルホームページ http://www.takasakikannon.or.jp/

(参照:オフィシャル情報)