MustLoveJapan

高田城

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

高田城(たかだじょう)は、新潟県上越にある平城。1614年に松平忠輝によって築城された城。忠輝は、徳川家康の六男である。現在堀や土塁が遺構として残る他、三重櫓が再建されている。サクラの名所として知られ、特に高田城の夜桜は全国的に有名である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:無料
入場時間:終日

アクセス
高田駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 高田城

詳細案内

天守:復興再建
城郭の種類:平白
天守構造:3重3階 独立式望楼型
築城年:1614年
築城主:松平忠輝

高田城は、徳川家康の6男、忠輝の居城として築城された。築城の際、忠輝の舅の伊達政宗が縄張りなどを決め築城の設計を行った。本丸の四方を二の丸、三の丸、北の丸が囲むような構造と成っていて、排水を重視した城郭であった。石垣は無く、土塁によって構成されている。

御三階櫓が再建されている。幕府を憚って天守とは呼ばず御三階櫓と呼ばれていた。

現在は、サクラの名所として知られる。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //