MustLoveJapan

大正池

観光案内

大正池(たいしょういけ)は、上高地の名勝の一つ。上高地は長野県松本市にある景勝地で、国の特別名勝・特別天然記念物に指定されている。大正4年、1915年に起きた焼岳の噴火の泥流によって梓川が堰き止められて形成された。水面は穏やかで鏡に写る穂高連邦が美しい。また枯れた木には日本独特の侘び寂びが漂う。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】
上高地はマイカー規制で入れません。

アクセス
アルピコ交通上高地線新島々駅からアルピコ交通バスで大正池バス停すぐ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 大正池

詳細案内

大正池

種類:鏡池 立ち枯れの木々 特別名勝 特別天然記念物

大正池は、1915年に噴火した焼岳の火山灰の泥流で梓川が堰き止められた時に出来た比較的に新しい池。立ち枯れした木々が静かな景観を作る景勝地である。朝には朝もやがかかり、湖面が静かであれば穂高連峰や焼岳が湖面に写る。