MustLoveJapan

相撲神社

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

相撲神社(すもうじんじゃ)は、日本の国技発祥の地。奈良県桜井市に位置する。第11代垂仁天皇の時代、野見宿禰と当麻蹴速が初めてこの地で天皇の御前で相撲をとり相撲節となった。それがもとで後世、宮中の行事となった。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
JR桜井線巻向駅より徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 相撲神社

詳細案内

相撲神社

相撲神社は、国技発祥の地。相撲はもともとは神の信仰から出て、国土安穏、五穀豊穣を祈る平和と繁栄の祭典であった。第11代垂仁天皇の時代、野見宿禰と当麻蹴速が初めてこの地で天皇の御前で相撲をとり相撲節となった。

この神社には鳥居はあるが、社殿は無く、神社境内の中央に土俵跡、土俵の盛り土の四隅には四本柱の代わりに桧の木が4本植えられている。