MustLoveJapan

長宗我部元親像

観光案内

長宗我部元親像(ちょうそかべもとちかぞう)は高知県高知市にあるイカした銅像。22歳の時の初陣の際に戦勝を祈願した八幡神社の前に建つ雄々しい銅像で、没後400年を記念して1999年に建立された。伝承にもと随て槍を構え、左手には足下に広がる四国をつかみ取ろうとしている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
高知駅からバスで「南海中学校通」で下車。


Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 長宗我部元親像

詳細案内

長宗我部元親像

種類:長宗我部元親 戦国大名 銅像

長宗我部元親
(1539-1599)

信長に「鳥無き島の蝙蝠」と揶揄された。

長宗我部元親は戦国時代末期に、土佐の国人として生まれ、一領具足を動員し土佐を統一し続いて四国をと統一した大名。戦国時代の人気のある武将の1人である。