MustLoveJapan

相馬百尺観音

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

相馬百尺観音は(そうまひゃくしゃくかんのん)は、福島県相馬市にある石仏。地元の仏師荒嘉明氏が、生涯一仏一体を残そうと岩山切開き建立したのが百尺観音である。1931年より開始し、完成を見ずにこの世を去った。現在は4代目陽之輔氏が彫り続けている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
相馬駅より、国道6号線へ、南へすぐ。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 相馬百尺観音

詳細案内

種類:石仏 観音座像 磨崖仏

石仏百尺聖観世音尊像は、仏師荒嘉明氏が彫り始めた石仏。磨崖仏と呼ばれ岩山を切り開いて建立する仏像で、完成すれば福島一の高さの観音坐像になる。

荒嘉明氏より、2代目、3代目と続き現在は4代目が作業を続けている。現在80年経つが未だに完成していない。

多くの支援者を求めている。

// //