MustLoveJapan

庄内オープンセット

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

庄内オープンセットは、山形県にある国内最大級の映画村で、多くの時代劇などが撮影されその撮影に作られた舞台や建物がそのまま残されて見学出来る。おしん、座頭市thelast、おくりびとなど様々な有名な映画が撮影された。映画ファンや時代劇ファンなど江戸時代や戦国時代をタイムとラベルできる映画村である。映画に使われただけあって見た目のリアルさは凄い。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人1300円、子供(小学生)900円、幼児無料
団体割引有り。
時間:4月~9月 9:00~17:00(入場は16:00まで)10月・11月は16時まで(入場は15時まで)
11月下旬から4月下旬まで閉館。

アクセス
要車。
国道7号を南へ、県道47を羽黒山方面、県道346号を南へ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 庄内オープンセット

詳細案内

庄内オープンセット

庄内オープンセットは山形県にある国内最大規模のオープン映画村。撮影として使われるだけでなく、一般にも公開している。映画の撮影ロケ地を楽しめるだけでなく、江戸時代などの昔の日本の町並みを楽しむことが出来る。映画の世界と時代劇の世界を肌で感じることが出来る映画村である。

映画のリスト
るろうに剣心 京都大火編
おしん
十三人の刺客
座頭市 THE LAST
おくりびと


山間集落エリア
民家や水車小屋など昔の山中を偲ばせるエリアで、おしんなどに使われた。セットの大半は、旧松ヶ岡オープンセットから移築されたもので、2011年秋には、民家の屋根が藁葺きから茅葺きに葺き替えられ趣もまた新たになりました。

宿場町エリア
江戸時代の宿場町を再現したセットで、200mに40件が立ち並ぶまさに街道の宿場町といった雰囲気である。十三人の刺客で落合宿として使われた。

戦国大手門エリア
巨大な戦国時代の平城の門。大手門で見張りの櫓を備えたつくりで、風林火山や天地人など多くの大河ドラマに使われた。

農村エリア
映画のためだけに棚田が作られ、田園風景が広がる。おしんの生家として使われた家がある。

漁村エリア
昔の漁村の雰囲気を見事に復元している。園内最大のセットである商家屋敷があり、ここでは記念撮影用の無料貸し衣装がある。また居酒屋や賭場場など雰囲気がそのまま復元されている。

オフィシャルホームページ