MustLoveJapan

千利休屋敷跡

観光案内

千利休屋敷跡(せんのりきゅうやしきあと)は、大阪府堺にある天下一の茶人・千利休の生家跡。千利休は、茶道千家を起こし、茶道を普及させた文化人である。屋敷跡には井戸が現存し、大徳寺山門の古い部分で建てられた井戸屋形がある。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】
敷地内には入らない事。

アクセス
阪堺線「宿院駅」下車すぐ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 千利休屋敷跡

詳細案内

千利休屋敷跡

種類:千利休 歴史観光

千利休は1522年、堺今市町の豪商魚屋(ととや)の長男として生まれる。幼名は与四郎。17歳の時に、茶道を志、武野紹紹?に師事し、わび茶を大成させる。その後、茶道を武器に信長に接近し、その後は秀吉の茶頭となる。小田原遠征の後、秀吉の怒りを買い自刃させられた。茶道千家を起こし、日本に茶道を普及させた「茶聖」と称され崇められている。