MustLoveJapan

清学院

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

清学院(せいがくいん)は、大阪府堺にある歴史スポット。建築は江戸時代後期、狭い建築を利用した珍しい町家作りの寺院で、山岳宗教の寺院であった。江戸時代後期から明治時代初期にかけては寺子屋としても利用されていた。護摩堂は外からも拝する事が出来る独特な作りで、裏の寺子屋には当時の文机や硯、そろばんなど当日買われていた物と同じ物が展示されている。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】

料金:100円(中学生以下、65歳以上無料)
時間:10:00~16:00
定休日:火曜日

アクセス
南海線七道駅より徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 清学院

詳細案内

清学院

種類:歴史観光 伝統家屋

堺環濠都市の北端にある寺院で、1689年の地図では「山伏清学院」の名が記されている。修験道としての寺院の側面の他に、江戸時代後期から明治初期にかけては寺子屋としても使われていた。当時の教本などが展示されている。机なども当時の物が展示されており、中には1808年の銘がある天神机などもある。