MustLoveJapan

猿島

観光案内

猿島(さるしま)は、神奈川県横須賀沖にある無人島。横須賀から1.7km沖にある小さな島で、東京湾に残る唯一の自然の島である。小さいながらも見事な自然とユニークな海岸線、そしてかつては東京湾を守る要塞であった頃の遺構が残る、自然と歴史の散策が楽しめる。要塞には砲台跡や通路、弾薬庫など当時の遺構がそのまま残っている。海外では釣りやBBQ、夏には海水浴などが楽しめる。

観光情報
遊覧船場に
駐車場【有】
トイレ【有】
船は往復1200円。
時間:9:00~16:00まで。

アクセス
横須賀駅から三笠公園までバス、そこから遊覧船を利用。個人の船での着岸は禁止されている。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 猿島

詳細案内

猿島

種類:無人島 釣りスポット

猿島は東京湾に残る唯一の自然島。猿島の名前の由来は、1253年に日蓮上人が安房から鎌倉へ渡る途中に、嵐に遭い迷走してしまう。その時に、どこからともなく現れた白猿が船を誘導し、この島に非難下等伝説があり、そこからついた名前である。

明治維新後は東京を守る城塞として大砲などが整備された、城塞であった。その遺構が居間も良好な状態で残っている。

BBQは道具がレンタルでき、機材の洗浄不要、ゴミも現地に捨てられる。八月末まで海岸で海水浴が楽しめる。猿島は島周辺が浅瀬となっているため、横須賀でも随一の釣りスポットでもある。レンタルショップでは釣竿のレンタルも行われている。


オフィシャルホームページhttp://tryangle-web.co.jp/sarushima/index.html

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)