MustLoveJapan

坂田城

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

坂田城(さかたじょう)は、千葉県横芝光町にある平山城。14世紀頃に千葉氏の家臣、井田氏によって築城された。戦国時代の様子を良く残す城で、土塁、空堀、縄張りなど当時の面影を偲ばせる。また、1,200本の梅林があり県下有数の梅スポットとしても有名である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
開花時期:2月下旬から3月中旬にかけて

アクセス
JR総武線横芝駅から徒歩30分。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 坂田城

詳細案内

坂田城

天守:存在せず
城郭の種類:平山城
築城年:14世紀
築城主:井田氏

坂田城は戦国時代に横芝町周辺を支配していた井田氏が築いた平山城で、千葉県内でも屈指の大規模な中世城郭である。井田氏の家臣が残した文章や絵図などが残っており、中世の城郭としては珍しく中世の様子が伝わっており、またその状態を良く保存している貴重な史跡である。台地や丘陵を匠に活かした土塁、空堀、土橋等で構成されている関東の平山城で、天守閣などの建造物は無い。

坂田城は千葉氏の家臣であった井田氏によって築城された城である。井田氏はやがて小田原北条氏と同盟を結ぶが、1590年の豊臣秀吉の小田原攻めの際北条氏とともに滅ぼされ城も廃城となった。

現在は、1,200本の梅林を持つ千葉県の梅スポットとして有名である。