MustLoveJapan

六義園

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

六義園(りくぎえん)は、東京都文京区にある日本庭園。江戸時代には、小石川後楽園とともに江戸二大庭園に数えられていた。入り口には巨大な枝垂桜があり、開花時期と効用の時期にはライトアップされる。その素晴らしい景観は国の特別名称に認定されている。
庭園は中之島を有する大泉水を樹林が取り囲み、紀州和歌の浦の景勝や和歌に詠まれた名勝の景観が八十八境として映し出されている。又五月には又築山の一面には見事なツツジが咲き乱れる。庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来する。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】
売店 【有】

営業時間: 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
入館料:大人300円。子供150円。
見学時間:40分。

アクセス
駒込駅より徒歩5分。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 六義園

詳細案内

種類:回遊式築山泉水庭園 大名屋敷 サクラの名所 ツツジの名所

六義園は、1695年柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げられた。六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園である。
庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来しする。

六義園のシンボルは現在シダレザクラとツツジである。4月5月は連続して両方の花が咲き多くの観光客で賑わう。特にシダレザクラはライトアップされ、夜桜としても楽しむことが出来る。ライトアップの期間は閉園も延期される。

二つの中島は男女の人間関係を表している。


春:サクラ、ツツジ、ヤマブキ、ミズキ、エゴノキ、コブシ、キブシ
夏:タイサンボク、ムクゲ、ハギ、アジサイ、ムラサキシキブ
秋:紅葉
冬:ロウバイ、ツバキ、ウメ



オフィシャルホームページhttp://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index031.html

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)