MustLoveJapan

日新館赤ベコ絵付け

観光案内

日新館赤ベコ絵付けは、日新館で行われる人気の体験。赤ベコは会津地方に伝わる民芸品で、日新館では好みの絵付けを体験できる。体験は30分ほどで終わり、完成した赤ベコはお土産としてお持ち帰りできる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
赤ベコ絵付け体験:870円
予約不要
第三道場にて

日新館:
料金:大人620円、中学生以上500円、子供450円。団体割引有り。
時間:9:00~16:00
冬期と夏期で散策コースが違います。

アクセス
JR磐越線東長原駅から徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 日新館赤ベコ絵付け

詳細案内

日新館赤ベコ絵付け

種類:赤ベコ 体験 家族 絵付け

赤ベコは会津地方に古くから伝わる民芸品である。その由来は807年、柳津町の円蔵寺には徳一大師が円蔵寺の虚空蔵堂を建立する際に活躍した赤い牛である。木材を運ぶのに活躍した牛はすべて重労働に倒れてしまったが、赤い牛だけが最後まで活躍し続けた。

それ以来、生まれてくる子供にこの赤い牛のように丈夫に育って欲しいと言う願いから造られるようになったお守りである。ベコとは牛の方言であり、雄雌は分からない。斑点模様は疱瘡を示すと言う。

ホームページhttp://www.nisshinkan.jp/experiencing#etuke