MustLoveJapan

大洲神伝流発祥の地

観光案内

大洲神伝流(おおずしんでんりゅう)発祥の地は、愛媛県大洲にある日本古来の泳法発祥の地。大洲神伝流は、日本継承されている12の泳法でも最も広まってる泳法である。390余年の長い歴史を持つ。戦国時代に甲冑を付けたまま川を渡る際に有効であった泳法である。彼岸花や様々な花植えられている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
伊予大洲駅から徒歩で20分。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 大洲神伝流発祥の地

詳細案内

大洲神伝流発祥の地

種類:古式泳法 睡蓮術 甲冑水泳

大洲神伝流は、17世紀初頭に大洲藩主「加藤貞泰」の従兄弟である加藤主馬光尚によって肱川で創始された泳法である。愛媛で唯一伝承されている古式泳法で日本中に広く広まった泳法である。