MustLoveJapan

音止めの滝

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

音止の滝(おとどめのたき)は静岡県富士宮にある滝。富士山の西側にあり、白糸の滝と合わせて日本の滝100選に選ばれている。落差は25m、幅5m。音止めの滝の名前の由来は、かつて源頼朝が挙行した富士の巻狩りの際に、曽我兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとした、その密議をしていたが滝の轟音で話が聞き取れない、そこで神に念じたところ、たちどころに滝の音が止んだという伝説による。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
売店レストラン【有】

アクセス
アクセス
富士宮駅より、バスにて白糸の滝まで(30分)。

アクセス

By Car

By Train

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 音止めの滝

詳細案内

落差:25m
幅:5m
種類:直瀑

隣にある白糸の滝と比べると、豪快な音を立てて流れ落ちる滝である。また、滝から富士山が望める。近くに多くのハイキングコースがある。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)