MustLoveJapan

太田宿

観光案内

太田宿(おおたじゅく)は、岐阜県美濃加茂市にある宿場町。中仙道51番目の宿場町で脇本陣など幾つかの建物が現存する。特に脇本陣は中山道唯一の完全な形で残っている脇本陣である。他にも本陣の門や、吉田家住宅など往年を偲ばせる建物も多い。かつては中山道三大難所の一つ、太田の渡しであった場所である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR高山線美濃太田駅から徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 太田宿

詳細案内

太田宿
種類:中仙道 宿場町

太田宿は、中仙道六十九次の51番目の宿場町。中仙道の難所の一つで知られる。現在も脇本陣やかつての旅籠が幾つか残っており往年を偲ばせる。

太田脇本陣林家住宅(国指定重要文化財)
太田宿脇本陣林家住宅は1769年に建築された主屋と1831年に建築された表門と袖塀それに裏の二棟の土蔵から成り立っている。江戸時代に太田宿は中山道の宿場町として栄え大名や地位の高い人が泊まる本陣と脇本陣が各一軒あり林家は脇本陣としての役目のほか太田村の庄屋や尾張藩勘定所の御用達を勤めた旧家である。

この建物を見ると、主屋の両端の妻にうだつが建ち一際目をひきますが、これは防火壁の役目を果たすと同時に脇本陣の権威を象徴するものである。またこの建物は中山道において脇本陣としての遺構を当時のまま残している唯一の建物である。