MustLoveJapan

忍野八海

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

忍野八海(おしのはっかい)は、山梨県忍野にある湧き水群。8つの大きな湧き水からなる。富士山の観光名所の一つ。湧き水は富士山雪解け水が溶岩を通って濾過された地下水で、約80年かけて地上に現れる。その為地下水は透き通るほど綺麗でありまた多くのミネラルを含んでいる。周りでは、その名水を使った蕎麦や豆腐などが作られている。国指定の天然記念物、名水百選に指定されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
売店 【有】

アクセス
河口湖駅よりバスで忍野八海まで(20分)。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 忍野八海

詳細案内

800年-802年の富士山延暦噴火により、宇津湖が山中湖と忍野湖に分かれた。後に忍野湖が乾き盆地になり、湧水口が池(泉)として残った姿が忍野八海である。

「八海」の名前は、富士講の人々が富士登山の際に行った八海めぐりからきており、富士講では忍野八海のことを「元(小)八海」と呼んでいる。

現在はその神秘的な現象から観光名所となっている。富士山がすぐ側にあり富士山観光と合わせて訪問する人も多い。観光地化がすすみ、自然を楽しむスポットではない。

八海の池
出口池
御釜池
底抜池
銚子池
湧池
濁池
鏡池
菖蒲池

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)