MustLoveJapan

大避神社

観光案内

大避神社(おおさけじんじゃ)は、兵庫県相生にある神社。地元では土田の宮と呼ばれている。伝承では、秦河勝公が度々矢野に来てこの地で狩を楽しんだ。その時に村民が土の壇の宮を作ってふるまったと伝えられる。1314年に悪党・寺田法念が、この村を襲ってきた時に東寺と村民がこの神社に砦を築いて撃退したと伝えられる。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

アクセス
JR山陽線有年駅から徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 大避神社

詳細案内

大避神社

主祭神:大避大神
秦河勝公、稲倉魂命、素蓋鳴命の三神

大避神社は、兵庫県相生にある神社。矢野庄の歴史に最もかかわる神社の一つ。伝説では秦河勝公を迎え入れた時に作られた土盛に社を建てたとされる。そのために、土田の宮と呼ばれるようになった。歴史書として実際に登場するのは13世紀末の書類であり、その頃に創建されたと考えられる。

中に絵馬などが飾られている。