MustLoveJapan

小幡

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

小幡(おばた)は、群馬県甘楽町にある城下町。江戸時代、織田信長の遺子・信雄によって作られた城下町で。日本の名水100選にも選ばれた生活用水路である雄川堰の周囲には城下町を思わせる趣のある家屋が建ち並ぶ。現存する建築物は少ないが、城下町の道や石垣は当時のまま残っている。城下町の構造には喰い違い郭などの珍しい石垣の構造などが見られる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
観光協会の物を利用。

アクセス
上州福島駅からバスで歴史民族資料館前まで。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 小幡

詳細案内

種類:城下町 伝統家屋 武家屋敷

小幡は、群馬県南西部にある城下町。織田信雄によって作られた城下町である。江戸時代小幡に移封となった信雄はこの地で没する。その後、天童に移封されるまで織田家7代はこの地を150年治めることになる。城下町の整備に当たり、信勝は京都から造園師などを呼び寄せた。

小幡の名勝である雄川堰は、日本の名水100選に選ばれている。春には見事な桜が咲き乱れる。

楽山園は、小幡城の本丸に造られた庭園で、信雄の美観が伺える庭園で当時の面影を良く残す。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //