MustLoveJapan

成田山新勝寺

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)は、千葉県成田にある真言宗智山派の寺院。初詣の参拝者の数が毎年300万人近く訪れる、明治神宮についで第二位の人気スポットである。940年、寛朝大僧正によって開山された関東でも古い寺院の一つで、江戸時代特に成田詣は江戸の庶民にとって人気が高く、今日も多くの参拝者が訪れる。特に江戸時代、歌舞伎役者の市川団十郎が子授安産祈願を行い、子宝に恵まれた後も深く信仰し、参詣を続けた。今も歌舞伎界からの信仰は篤い。この事から、安産・子授を祈願する参拝者も多い。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】

拝観料:無料
参拝時間:終日

アクセス
成田駅より徒歩。


特集

Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 成田山新勝寺

詳細案内

成田山新勝寺

宗派:真言宗智山派
寺格:大本山
開基:寛朝僧正
創建:940年
正式名称:成田山 明王院 神護新勝寺

成田山新勝寺は、関東でもっとも有名な寺院の一つ。940年に寛朝大僧正によって開山された。平将門の乱平定の密勅を朱雀天皇から受けた寛朝大僧正は、弘法大師が敬刻開眼した不動明王を持参し、海路で東上し尾垂ヶ浜から成田に至り、その地で平和祈願の護摩を奉修された。乱平定の後、不動明王と共に都へと戻ろうとした際、御尊像が動かなくなり、「我が願いは尽くる事なし、永くこの地に留まりて無辺の衆生を利益せん」との霊告が響いた。これを聞いた天皇は深く感動し、国司に命じて本堂を建立し、「新勝寺」の寺号を受諾させ、「成田山」が東鎮護の霊場として知られるようになる。

成田山新勝寺は、年間1000万人が参拝する、関東でもっとも有名な寺院の一つ。940年に寛朝大僧正によって開山された。平将門の乱平定の密勅を朱雀天皇から受けた寛朝大僧正は、弘法大師が敬刻開眼した不動明王を持参し、海路で東上し尾垂ヶ浜から成田に至り、その地で平和祈願の護摩を奉修された。乱平定の後、不動明王と共に都へと戻ろうとした際、御尊像が動かなくなり、「我が願いは尽くる事なし、永くこの地に留まりて無辺の衆生を利益せん」との霊告が響いた。これを聞いた天皇は深く感動し、国司に命じて本堂を建立し、「新勝寺」の寺号を受諾させ、「成田山」が東鎮護の霊場として知られうようになる。歴史は古く、多くの建物などが、国の重要文化財に指定されている。


総門
2006年に開基1070年を記念して竣工された。15m、幅14mの総欅造りの総門である。

三重塔 重要文化財
1712年に建立の棟。高さ25mある。

釈迦堂  重要文化財
1858年に創建の旧本堂である。周囲に500羅漢などがある。

額堂 重要文化財
1867年建立。

オフィシャルホームページ http://www.naritasan.or.jp/index.html

(参照:オフィシャル情報)