MustLoveJapan

名古屋大仏

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

名古屋大仏(なごやだいぶつ)は、愛知県名古屋にある大仏。桃巌寺の境内に位置する緑の巨像で、台座と合わせて15mの高さになる。1987年に建立した青銅製の仏像。蓮ではなく、10頭の像が本尊を支える形になっている。

参拝者情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
地下鉄東山線、地下鉄名城線本山駅から徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 名古屋大仏

詳細案内

桃巌寺は、名古屋にある曹洞宗の寺院。1550年3月3日、織田信長の父・小田信秀が末森城にて病死、次男信行が城主となった。信行は父のために桃巌寺を創建し香花の道場とした。
恵心僧都作の聖観世音菩薩を本尊として奉安し弁財天画像を守護神として奉祭したのが始まりである。寺号は信秀の法名に由来する。

名古屋大仏
高さ10m基壇5mの巨大な大仏。青銅製。本尊は仏師長田晴山の製作。

// //