MustLoveJapan

長町武家屋敷跡

観光案内

長町武家屋敷跡(ながまちぶけやしきあと)は、石川県金沢にある武家屋敷跡。長町は加賀藩士の居住区があり、現在も運河、小道など当時の構造がそのまま残っている。古い造りの家も多く、武家屋敷の面影を良く残す。土塀は、江戸時代の景観を蘇らせようとの運動で再建されたもので、当時に造りそのままに再現されている。また、野村家住宅など現存する武家屋敷もあり、一般に公開されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
観光協会の施設の物を利用。

アクセス
金沢駅から徒歩。


Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 長町武家屋敷跡

詳細案内

長町武家屋敷跡

種類:歴史観光 伝統家屋 武家屋敷

復元された、土塀や石畳はまるで江戸時代の武家屋敷の町並みそのものである。各住宅に設けられた小さな運河は江戸時代に整備され現在も利用されている。冬には「こもがけ」と呼ばれる独特の土塀保護の工夫が見られる。

天野家の長屋が残っている。天野家は300石以上の上級武士で、豪華な長屋門が現在も残る。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)