MustLoveJapan

長浜

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

長浜(ながはま)は、滋賀県琵琶湖東側に位置する城下町・宿場町。豊臣秀吉によって作られた城下町であり、江戸時代は北陸道の宿場町として栄えた。現在も多くの伝統家屋が立ち並び、郷土料理や工芸品、ショップなど様々な店として現在も利用されている。ノスタルジックな雰囲気を持つ人気の観光地である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
JR北陸線長浜駅

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 長浜

詳細案内

種類:豊臣秀吉 宿場町 城下町

長浜は豊臣秀吉によって作られた城下町。数々の武勲で織田信長によって初めて与えられた土地であり、江戸時代に入ってからも北陸街道の宿場町として栄えた。秀吉の忠臣石田三成を見出した場所でもある。

江戸時代に建てられた建築物が今でも街道沿いに多く残り現在も店舗として活用されている。

シンボルの一つは鐘楼が付いた長屋。江戸時代に建てられた物で寺子屋として利用されていた。他にも、長浜城歴史博物館、黒壁スクエアなど多くの観光スポットを有する。

長浜城
長浜城は、滋賀県長浜にある水城。豊臣秀吉が最初に与えられた城である。琵琶湖の湖畔に建てられ、城内の水門から城内に直に舟が出来る城であった。築城には4年かかり、今浜から長浜の名前に変更した。城内には小谷城で使われていた資材などが利用された。彦根城の天秤櫓は長浜城から移築した物と伝えられる。現在は模擬天守が建てられ、歴史資料館として様々な資料が転じされている。

// //