MustLoveJapan

武蔵坊弁慶の墓

観光案内

武蔵坊弁慶の墓(むさしぼうべんけいのはか)は、岩手県平泉中尊寺の入口にある。弁慶は義経の腹心として知られる、最も勇猛な武者の一人で1189年に主を守って死ぬまで生涯かけて義経を守り続けた。弁慶の立ち往生として知られる死に様は有名で義経を死守し立ったまま死んだと伝えられる。中尊寺の住職が彼の死を惜しみ、この地に埋葬したと伝えられる。

駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
平泉駅よりバスで中尊寺まで。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 武蔵坊弁慶の墓

詳細案内

武蔵坊弁慶の墓

弁慶は日本史上最も有名な武者の一人。忠臣としても知られ、生涯かけて主の義経の傍らにあり、守り続けた。義経との五条大橋の出会いと対決は有名な物語である。

義経が泰衡の軍勢に高館で包囲された際、屋敷を一人で守り、主の自刃までの時間を稼いだ。その際、複数の矢を受けて死亡するも、最後まで立ったままであったと伝えられる。この事から弁慶の立ち往生と言う言葉が生まれた。

「色変えぬ、松の主や、武蔵坊」墓標の碑。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)