MustLoveJapan

中崎家住宅

観光案内

中崎家住宅(なかざきけじゅうたく)は、茨城県水戸にある伝統家屋。1688年に建てられた建築物で国之重要文化財に指定されている。現在は土間と母屋が一体となった直屋であるが、昔は別棟造りであった。東日本でよく見られる典型的な古民家の造りである。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】
私有地にてマナーを守る事。

アクセス
JR常磐線内原駅から徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 中崎家住宅

詳細案内

中崎家住宅

種類:古民家

中崎家は中世以来この付近に住んだ地侍の末裔と伝えられ、現在の敷地は城址にあたり、北西に堀を残して堀の内の屋号で呼ばれている。中崎家はその後代々庄屋を勤めてきた。

現在の当主は18代目である。

建物は1688年に建立されたと伝えられる。現在は直屋であるが、別棟造りであったと考えられる。この形式は居屋部分である主屋と、土間部分の二つの建物が接して建てられ、平面上は曲屋に似た間取りである。両方の境に間仕切りはなく、軒を接する部分に丸太くりぬきの樋がかけられている。この形式は千葉県から福島県に至る表日本でよく見られるもので茨城県ではほぼ全域で存在した。