MustLoveJapan

水戸

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

水戸(みと)は、茨城県中北部にある都市。水戸黄門で知られる水戸光圀と納豆で有名な町である。水戸黄門は徳川家康の孫で、正式には水戸藩主・徳川光圀である。副将軍として、側近の助さんと格さんを従えて、日本中の悪代官や奉行を懲らしめたのはあまりにも有名である。当然これは講談「水戸黄門漫遊記」から来るフィクションであるが、水戸光圀はもちろん、助さん格さんは実在した人物で市内各所に彼らの縁の地がある。水戸には日本三名園の一つ偕楽園や、最後の侍学校弘道館などの史跡が残る。水戸といえば黄門様の他には納豆が有名で、いたるところに様々な納豆屋がある納豆の都市でもある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
弘道館周辺。

アクセス
JR水戸駅周辺。


Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 水戸

詳細案内

水戸

種類:納豆 水戸黄門 歴史観光 グルメスポット

水戸は、徳川御三家の一つ水戸徳川家の都市である。水戸黄門で知られる、徳川光圀や最後の将軍徳川慶喜などを出した都市で、水戸黄門の時代より学業盛んな藩であった。名所の一つである弘道館は徳川斉昭によって創立した現在残る最後の侍学校である。斉昭は、同時に偕楽園も造った。「良く遊び、良く学ぶ」が基本方針であった斉昭は、弘道館で学び、偕楽園で遊ぶを推奨したとされる。

偕楽園は日本三名園の一つに数えられ、梅の名所としても知られる。この庭園は日本で始めて一般にも公開された大名庭園で現在も入場料などは取っていない。

水戸の納豆の歴史は古い。1083年源義家が奥州に向かう途中、水戸の一盛長者の屋敷に泊まった時、馬の飼料である煮豆の残りから納豆ができたといわれている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)