MustLoveJapan

花みこし

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

花みこしは、岐阜県美濃市で行われるとてもユニークな神輿祭り。4月中旬に行われる。花みこしと呼ばれる和紙をサクラに見立てた巨大な飾りの付いた巨大な神輿を担いで、町中を練り歩く。三十基の花みこしが「おいさー」のかけ声と独特の太鼓のリズムは、担ぎ手だけでなく、参加者全てを興奮させる。うだつの上がる美濃の古き町並みを所狭しと練り歩く姿は、まるで熱気に煽られてサクラが踊っているようである。

観光情報
駐車場 【無】市役所などの付近の駐車場を利用。
トイレ 【有】
露天  【有】
交通規制【有】

開催時間: 朝9時より、八幡神社から出発。
開催日:4月の第二土曜日。
広岡交差点にて午後1時頃より総練りが行われる。

アクセス
美濃市駅より徒歩10分。


Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 花みこし

詳細案内

花みこし

種類:神輿祭り

花みこしは美濃祭りの行事の一つ。美濃祭りは花みこし、流しにわか、山練り物の三つからなる。起源は江戸時代に行われた雨乞いの行事。1900年に美濃市の青年会によって現在の花みこしが開始される。昭和初期に地元の産業である美濃和紙を活かした祭りを作りたいとの情熱より生まれた。

三十基の花みこしが八幡神社で奉納の後美濃の町中を行幸する。メインイベントは広岡交差点で行われる、総練り。総練りは狭い交差点に三基の花みこしが、入れ替わりで神輿の踊りを披露する。押し合いながら神輿を担ぎ合いその踊りの雄壮さを競い合う。巨大な花みこしの踊る姿はまるで巨大なサクラ乱舞の様である。

花みこしにはやく10万枚の和紙の花が300本の竹で出来た枝に付いている巨大な神輿である。

注意:花みこしの近くで絶対にたばこを吸わないこと。スリが多発します。見るときは注意。また神輿は暴れますので、最前列は大変危険を伴います。

オフィシャルホームページ http://www.minokanko.com/

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)