MustLoveJapan

源義経の墓

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

源義経の墓(みなもとのよしつねのはか)は、岩手県平泉にある。義経は日本の歴史で最も人気の高い武将の一人で、悲劇の英雄として知られる。義経は平家を滅亡させ、兄義経によって殺されてしまう。平泉は、義経が青年時代を過ごし、最期を迎えた場所である。享年31歳。義経の妻もこの地に埋葬されている。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

アクセス
平泉駅より徒歩30分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 源義経の墓

詳細案内

源義経の墓

源義経は、悲劇の主人公として古くより人気の高い武将である。判官贔屓の語源とも成っており、天才的な軍事的才能で平家を一気に滅亡させた日本史上屈指の将軍でもある。

義経は源義朝の9男として1159年に生まれた。父義朝が平家との戦いに敗れて討ち死にすると、平泉の藤原氏を頼って落ち延びそこで少年時代を過ごす。

源平合戦が1580年に始まると、兄頼朝の軍勢に参加、頼朝の代理として軍隊を率い兵士を滅亡させた。しかし、彼の人気と軍事的才能を恐れた頼朝は彼の忙殺を決める。

京都から再び落ち延びた義経を秀衡は匿うが、4代目藤原泰衡は鎌倉の圧力に耐えかねてついに義経の殺害を決意する。泰衡の軍勢に囲まれた義経は高館の館で自刃する。享年31歳。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)