MustLoveJapan

水口城

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

水口城(みなくちじょう)は滋賀県甲賀市にある平城。1634年に徳川家光上京の際に築城された城。当時は二条城を模した豪華な御殿が建てられた。その後、将軍の宿舎として使われたことはなく、1682年に加藤氏が入城し水口藩が成立する。今日は大手門の堀などが現存し、大手門や櫓などが再建されており資料館となっている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
資料館料金:大人100円、子供50円。
時間:10:00~17:00

アクセス
近江本線水口城下駅周辺。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 水口城

詳細案内

天守:復元
城郭の種類:平城
天守構造:無し
築城年:1634年
築城主:徳川家光

関ケ原の戦いで徳川氏の直轄地となった水口は東海道の宿場町に指定され、その後3代将軍徳川家光が1634年に上洛の際に水口御茶屋として築城したのが始まり。二条城を模した豪華な城が建てられたが、その後将軍が使うことはなかった。1682年に加藤氏が2万石で入城し水口藩となり、幕末に廃城となる。現在は、大手門の堀と縄張りが現存し、城門と櫓が再建されており、資料館として公開している。

本丸は正方形の形をとっており、東に出丸を突出した形になっている。

// //