MustLoveJapan

みこしまくり

観光案内

みこしまくりは、木曽町で毎年7月23日行われる祭り。水無神社例大祭の一部でメインイベントである。天下の奇祭で知られ、みこしを落とし、転がして壊す珍しい祭りである。重さ400キロを超えるみこしを豪快に破壊する様子は大迫力。御輿が転がる度に鳴り響く大音量は圧巻。特に御輿を縦に持ち上げてひっくり返す縦まくりは豪快である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
交通規制有り。22日渡御が行われ、23日にみこしまくりが行われる。
夜の19時頃から御輿が壊れるまで行われる。

アクセス
木曽福島駅から徒歩で木曽町観光協会前まで。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 みこしまくり

詳細案内

みこしまくり

みこしまくりは、水無神社例大祭のメインイベント。22日には町中を御輿が練り歩き、23日は同じように練り歩いた後で御輿を転がしながら、観光協会の前まで御輿は移動する。「宗助!幸助!」と豪快に掛け声をかけながら縦に横にみこしをまくり破壊しながら練り歩く、全国でも他に類を見ない祭りである。

歴史
平安初期に、木曽から飛騨に出向いていた杣・匠の職人の宗助と幸助の兄弟が一揆に巻き込まれた。その時に信仰心の厚い二人は御神体を守るために御輿に収めて木曽へ運び出そうとする。

飛騨と信濃の国境で村民に追いつかれた時に、御輿の奪い合いになるが、二人は御輿を無事に木曽まで運び出した。この逃亡中、御輿は肩から外れて落ちてしまう。二人は御輿を転がしながら木曽へ運んだと伝えられる。

この故事にならって祭りが始まる。