MustLoveJapan

松代藩文武学校

観光案内

松代藩文武学校(まつしろはんぶんぶがっこう)は、長野県松代にある武家の学校。1853年に真田幸貫によって建てられ55年に開校した。文武両方の様々な施設が建ち並び、武芸では西洋軍学まで指導が行われていた。居合い、槍術、弓道、柔術などの武芸指導の為の個別の道場があり、その道場は現在も利用されている。学問では、文学から歴史まで様々な教育が行われていた。全ての建物が現存する日本で唯一の江戸時代の武士の学校であり、現在も武道場として利用されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
長野駅からバスで松代まで。

料金:大人200円、子供80円。
時間:9:00~16:30


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 松代藩文武学校

詳細案内

松代藩文武学校

種類:家族旅行 歴史観光 伝統家屋

松代藩文武学校は、真田幸貫によって建てられた松代藩士の為の教育機関である。その名の如く、武芸と学問の両方の教育が行われれていた。全ての建物が当時のまま残る日本で唯一の侍学校である。

文武両道の教育の思想は、松代藩初代藩主・真田信之によって始まる。その後、彼の教育の理想は250年間変わること無く松代では受け継がれてきた。

学問では、文学、西洋軍学、歴史などが学ばれ、全ての武芸の指導が行われていた。武道場は現在も利用されている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)