MustLoveJapan

松島湾

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

松島(まつしま)は、宮城県にある景勝地。日本三景の一つである。大小合わせて260の島が松島湾に存在する。全ての島には個別に名前が付けられていて、日本の地質100選にも選ばれている。島巡りの遊覧船や、島を巡る橋や遊歩道が設備されていて様々な方法で景観を楽しむことが出来る。


観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
売店 【有】

アクセス
JR仙石線松島海岸より徒歩2分。

アクセス

By Car

By Train

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 松島湾

詳細案内

種類:湾

松尾芭蕉も奥の細道でここを訪れて歌を詠んでいる。

松島湾周囲の松島丘陵や島の高台には「松島四大観」(まつしましだいかん)[6]と呼ばれる修景地点が散在している。江戸時代に舟山万年により命名された。
壮観:東松島市にある宮戸島の大高森からみる景色。標高105.8m。松島湾の東端から西方向を眺める形となり、奥松島の島々の他、遠く船形山が一望出来る。夕陽で真っ赤に染まった松島楽しめる。
麗観:松島町の富山にある大仰寺よりみる景色。標高116.8m。南方向に松島湾や奥松島を眺める。
幽観:松島町と利府町の境界部にある扇谷からみる景色。標高55.8m。東南方向に塩竈湾を眺める。
偉観:七ヶ浜町の代ヶ崎の多聞山からみる景色。標高55.6m。北方向に塩竈湾、さらに奥の松島湾、奥松島を眺める。

千貫島。伊達政宗お気に入りの島だったと言われている。正宗はここに秀吉から与えられた茶室を建て、しばしば茶会を楽しんだと伝えられている。

松島や、ああ松島や、松島や
は恐らく日本で最も有名な詩の一つであろう。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)