MustLoveJapan

丸の内

観光案内

丸の内(まるのうち)は東京都千代田にあるビジネス街。東京駅から皇居に挟まれた町で超高層ビル群が建ち並び、地上階では高級ブランドを中心としたショッピング街が広がる。シンボルは東京駅の目の前にある巨大な2つのビル、丸ビルと新丸ビル。まるで巨大なゲートの様である。東京で最もオシャレな町並みで、喫茶店やレストランなども多くランチなども気軽に楽しめる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
東京駅周辺。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 丸の内

詳細案内

丸の内

種類:家族旅行 デートスポット ファッション ショッピング

丸の内は、徳川家康が1592年に江戸に入った頃は入江で在った。その後、江戸城が拡張されたときに江戸城に取り込まれた為に堀の内側として丸の内と呼ばれるようになる。大名屋敷が24軒立ち並んだ地区で、江戸時代の政治の中心でもあった。

現在、日本のビジネスの中心地の1つで多くの日本を代表する企業がここに本社を構えるビジネス街である。その為に、ビジネスマン・オフィスレディが必要とする全ての物を兼ね備えた町であり、特にランチスポットが多い。帝国ホテルなど伝統的なホテルも多く、要人を中心とした高級ショッピング街でもある。特に高級ブランドの店舗が通りに並ぶ。

丸の内のシンボルは2つの巨大なビル、丸ビルと新丸ビルである。東京駅から皇居の間にまるで巨大なゲートの様に立ち並ぶ。オフィスビルだが、3階ぐらいまではショッピングモールとして多くの観光客や買い物客で賑わう。