MustLoveJapan

曲水の宴

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

曲水の宴(きょくすいのえん)は、太宰府天満宮で行われる最も盛大な催し物である。国内海外問わず高い評価を受けている、福岡を代表する祭りである。曲水の宴は水の流れのある庭園で流れてくる盃を受け取るまでに詩歌を詠み、盃の酒を飲み詩を披露する儀式である。太宰府天満宮では、古代日本の貴族の衣装に身を包み、各役職に演ずる参加者が詩歌を読み、披露する。全て古来の伝統に基づき、また宴の前には白拍子の舞も披露される。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】
露天  【有】
交通規制【有】

開催日:3月最初の日曜日
時間:行列は12時に太宰府に到着する。宴は13時頃。

アクセス
西鉄太宰府線太宰府駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 曲水の宴

詳細案内

場所:太宰府天満宮 庭園
祭りの種類:伝統行事 曲水の宴

曲水の宴は、曲がりくねった水の流れのある庭園などでその流れの淵に出席者が座り、流れてくる盃が通り過ぎるまでに詩歌を読み、盃を飲んで次へながし、読まれた詩歌を披露する行事である。古来中国の行事で、日本でも、日本書紀に記録が見られるほど歴史は古い。皇室や貴族の間での宮中の公式行事として催されていた。

太宰府天満宮では1962年に再興された。十二単をまとった姫をはじめ平安衣装に身をつつんだ参宴者が、自分の盃が通り過ぎる前に詩を詠み、酒をいただくという雅な神事である。また、宴の前には参宴者の行列が太宰府の町から天満宮へと行幸し、本殿参拝を行い、宴が始まる。宴の前に行われる、白拍子の舞や、神楽舞など優美な催し物も行われる。

オフィシャルホームページ http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //