MustLoveJapan

蔵造り

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

蔵造り(くらづくり)は、埼玉県川越にある蔵造りの家屋が建ち並ぶ町並み。江戸時代に建てられた多くの蔵が現在も店舗として利用されている。江戸時代の景観が残りまるで時代劇のスタジオで買い物をする様な観光が楽しめる。その圧倒的な存在感を持つ景観は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、「美しい日本の歴史的風土100選」にも選定されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR川越駅、西武線本川越駅。

アクセス

By Car

By Train

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 蔵造り

詳細案内

種類:伝統家屋 家族旅行 歴史観光

川越は昔から小江戸と呼ばれていた。現在も、江戸の景観を持つ街として小江戸の地位を失っていない。戦災、大火災を生き抜いた多くの蔵が有り、中には築200年以上の蔵も多い。川越の蔵は元々はただの土蔵であったが、1893年の大火災で蔵だけが無事に残ったことから、人々は火に強い土蔵を、蔵以外にも住宅として改造し住むようになった。その為、現在も蔵を利用した店舗が商店街を成している。それはまるで江戸の町並みのようである。

川越のシンボルでもある時の鐘は現在は1893年に建てられた物である。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)