MustLoveJapan

久遠寺

観光案内

久遠寺(くおんじ)は、山梨県身延にある日蓮宗の総本山の寺院。総本山にふさわしい静かながらも威厳を兼ね備えた名刹である。鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれた寺院で、祖師日蓮聖人のお山と言う事から、祖山とも呼ばれる。創建は1282年の古刹でもある。境内には、五重塔、本堂、日蓮の御骨を納めた御真骨堂、仏殿など見事な建築が立ち並ぶ。菩提梯と呼ばれる石段は1632年に作られた石段で、287段の石段を登りきると涅槃の本堂に至事から、覚りの喜びが生ずるとされている。

参拝者情報
駐車場【有】
トイレ【有】
体の不自由な方用に、斜行エレベーターなども備えられている。

アクセス
JR身延線身延駅からバスで身延山まで。バス停から徒歩。新宿からシャトルバス有り。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 久遠寺

詳細案内

久遠寺

宗派:日蓮宗
寺格:総本山
開基:日蓮聖人
創建:1282年
正式名称:身延山妙法華院久遠寺

身延山久遠寺は、鎌倉時代に日蓮聖人によって開山された寺院。日蓮宗の総本山であり、日蓮聖人の山と言う事で祖山と呼ばれている。

1274年5月17日に、日蓮聖人は領主・南部実長公の招きによって身延山に入山し、御草庵を建てたのが始まりである。以来9年の間日蓮聖人は一歩も外に出る事は無かった。日蓮聖人は法華経に生涯を捧げ、晩年はこの身延山でひたすら法華経を読み門弟の教育に審決を注がれた。

1282年に、病気療養と両親の墓参の為に常陸国へ出立した際に武蔵国池上にて61歳でその生涯を終える。遺言によって遺骨は身延山に奉ぜられ祀られる。今日も日蓮宗の総本山として門下の人々の厚い信仰を集め、多くの参詣者が絶えない。

総門
1665年に建立。

本堂
1988年に再建した本堂で、総坪数970坪の巨大な本堂である。

菩提梯
1632年に佐渡島の住人仁蔵によって作られた287段の石段。高さ104メートルあり、南無妙法蓮華経にならぞえて七区画に分かれている。菩提梯とは、覚りに至る階段で、この石段を登りきると涅槃の本堂に至事から、覚りの喜びが生ずることを意味している。

五重塔
2008年創建当時の姿が復元されている。

三門
1907年に再建された門。

祖師堂
祖師日蓮聖人を御祀りするお堂。1836年に感応寺に建立された物が1881年に移築された。

御真骨堂
日蓮聖人の御真骨が納められている。