MustLoveJapan

旧小関家

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

武家屋敷小関家(ぶけやしきこぜきけ)は、宮城県白石にある武家屋敷。18世紀末に建てられた建築物で、白石城すぐ脇の武家屋敷群に建てられている。ここは、中級武士の居住区であったとされる。小さいが美しい庭園と、畳の間が設けられている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:200円
時間:9:00~17:00(冬季16:00)

アクセス
JR東北線白石駅から徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 旧小関家

詳細案内

種類:武家屋敷 伝統家屋 城下町

武家屋敷小関家は、1730年に建てられた。1761年の白石城の地図にはこの家には小関の名前が記されている。この辺りは中級武士の武家屋敷が建ち並んでいた。その為に、小関家住宅では、中級武士の生活様式を知ることが出来る。

この家には、玄関が無く、居間に直接入るようになっている。居間には畳が敷かれている。畳の居間の他に、土間や板の間が設けられている。裏庭の庭園は小さいながらも美しい。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)