MustLoveJapan

光則寺

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

光則寺(こうそくじ)は、鎌倉にある日蓮宗の寺院。創建は1274年、日蓮の弟子日朗によって開山された。境内には見事な花が植えられており、鎌倉の花寺としても親しまれている。特に梅の花が美しい。本堂は1650年の建立であり、鎌倉の古刹の1つとして多くの参拝者が賑わう。

観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【有】

拝観料:100円
参拝時間:7:30~日没まで

アクセス
江ノ島電鉄長谷駅より徒歩。

アクセス

By Car

By Train

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 光則寺

詳細案内

宗派:日蓮宗
開基:日朗
創建:1274年

日蓮聖人が佐渡に配流された際、弟子の日朗も捕らえられ、鎌倉幕府執権北条時頼の家臣の一人宿屋左衛門尉光則邸の土牢に監禁された。しかし、監視役の宿屋光則は、捕らえられた我が身の不幸を嘆くこともなく、弟子の身の上を案じる日蓮に心を打たれ、日蓮宗に心を寄せるようになる。日蓮聖人放免の後、邸を寺として寄進し日朗を開山と仰ぎ1274年に、創建された。現在の本堂は1650年の建立である。

光則寺の花
一月:スイセン、椿、ロウバイ
二月:梅
三月:白木蓮、桃
四月:桜、半夏生
五月:躑躅、藤、牡丹
六月:アジサイ、ハナショウブ、アヤメ
七月:蓮華、桔梗
八月:サルスベリ
九月:ハギ、ヒガンバナ
十月:竜胆
十一月:サザンカ
十二月:紅葉

(参照:オフィシャル情報)