MustLoveJapan

近藤神社

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

近藤神社(こんどうじんじゃ)は、新撰組局長近藤勇が生まれ産湯に使った井戸がある神社である。神社は、東京都三鷹にある。この地の豪農の息子として近藤勇は誕生し、天然理心流の近藤周助の養子となって道場を継いだ。井戸の近くには、その道場跡が今も残る。また、彼の遺体を埋葬した龍源寺も近くにある。新撰組ファンが今も縁の地巡りで訪れる三鷹の隠れた名所の一つである。


観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【無】
宝物殿 【無】

拝観料:無料
参拝時間:終日

駐車場は近くの公園を利用すると良い。

アクセス
JR三鷹駅よりバスで龍源寺まで。そこから徒歩。

アクセス

By Car

By Train

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 近藤神社

詳細案内

主祭神:近藤勇
創建:不明
主な神事:無し

「1843年10月9日、武蔵国多摩郡上石原村辻(現在の調布市野水一丁目)の宮川家に三人目の男子が生まれ、 勝五郎と名づけられた。1838年の上石原村「宗門別五人組帳」によれば、宮川家は多摩郡大沢村龍源寺の旦那(檀家)で、家族構成は百姓源次郎(宮川家の当主は代々「源次郎」を名乗った)六十七歳を筆頭に伜の久次郎四十歳(近藤勇の父)、娵(よめ)のみよ三十七歳(勇の母)、孫の音次郎九歳、粂蔵七歳、勝五郎五歳の六人であった。宮川家は裕福な農民であったと言われているが、「宗門人別五人組帳」の記載をみる限りでは、石高は七石一斗二合で、上石原村では中間的な階層に属していた。」

(参照:現地看板情報)