MustLoveJapan

旧小松家住宅

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

旧小松家住宅(こまつけじゅうたく)は、茨城県小美玉市にある古民家。18世紀末によって建てられたとされる建築物で、当時の農家の生活様式を色濃く残す。蔀戸や納戸、天井には梁と竹で作られた屋根などが当時のままに復元されている。また、お産の部屋など珍しい部屋もある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:無料
時間:9:00~17:00
休館:月曜日。祝日の場合は翌日。

アクセス
土浦、国道356から鹿嶋方面へ途中144号を南へ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 旧小松家住宅

詳細案内

旧小松家住宅

種類:古民家 農家

旧小松家住宅は、茨城県小美玉市にある伝統家屋。「なんどがまえ」、「蔀戸」などの建築方法から18世紀後半と推測されている。建築は「曲り屋」であり、土間が大きい「土間曲り」である。これは、茨城ではよく見られる様式である。さらに厩がもう一つ曲りがあるため珍しい「二つの曲り」の様式である。

部屋は8間に土間と厩があり、座敷、帳場などがある他、珍しい産部屋がある。