MustLoveJapan

甲府

観光案内

甲府(こうふ)は、山梨県にある武田信玄の都市。山梨県の県庁所在地でもある。武田信玄縁の地が各所にある。特に武田神社は、武田信玄を祀る神社で武田信玄の館があった場所である。その他にも、甲斐善光寺や甲府城など歴史スポットも多い。江戸時代は特に、甲州街道の要所で江戸を守る都市として重要な位置を占めた。武田信玄の甲州軍団の陣中食であったほうとうは甲府を代表するグルメで多くのほうとう専門店がある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
駅周辺。

アクセス
甲府駅周辺


特集

Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 甲府

詳細案内

甲府

種類:歴史観光 武田信玄 グルメスポット

甲府とは、甲斐の府中という意味で、武田信玄の父・信虎によって名付けられた。甲府の歴史は古く2000年前の弥生時代にはすでに人が住んでいた。

甲府は盆地であり、夏暑く冬寒い。天気の良い日には富士山が良く見える。

ほうとうは、武田信玄の甲州軍の陣中食で、太いうどんと味噌、食材を鍋で長時間煮込んだ料理で、甲府を代表するグルメである。

武田神社は、戦国時代の英雄、武田信玄を祀る神社である。信玄の居城であった躑躅ヶ崎館跡が神社の境内であり、当時の縄張りなどそのままの形で残る。武田信玄を敬愛する住民によって1915年に建立した。武田信玄のファンを始め、又武田信玄の強さに肖ろうと多くの参拝者が訪れる。宝物殿にはあの有名な「風林火山」の旗がある。

甲府城は、平山城で舞鶴城の別名で知られる。見事な石垣と堀が残る城趾である。甲府は武田信玄の本拠地であったが、武田氏滅亡後、徳川家康の牽制として豊臣秀吉によって築城され、豊臣家滅亡後は家康の江戸を守る西の防御の要として改修された。城趾は本丸・天守曲輪及び天守台・稲荷曲輪・鍛冶曲輪の石垣、堀の一部が残っている。甲府を代表する観光地である。稲荷櫓や山手渡櫓門などが復元されている他、当時の石垣を中心とした当時の城郭の様子を良く保存している。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)