MustLoveJapan

清里・大滝

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

大滝(おおたき)は、山梨県八ヶ岳にある滝。落差16m、幅3.5m。奈良時代にこの滝のほとりで逢瀬を繰り返した男女が結ばれたことから縁結びで有名。


観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
JR小海線清里駅バスにて大滝前。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 清里・大滝

詳細案内

清里・大滝

落差:16m
幅:3.5m
種類:直瀑

滝見観音由来
甲斐の国は王朝時代より大変な名馬の山地として知られて来た。聖徳太子乗用の愛馬は甲斐の黒駒であったと書かれている。その後交通軍事等馬の重要性は休息に進み孝謙天皇御代には当地柏前の牧は勅旨牧として遠く都より若き牧監保高が、派遣されていた。或る日保高は当時念場小町と言われていた娘つなと見染め渓流に岩躑躅の咲く大滝のほとりに人目を忍んで逢ふ瀬と楽しみやがて二人は結ばれたと言う。以来郷人はこの良縁にあらからんとして滝見観音が祀られ縁結びの神として今に若人の深い信仰をあつめている。

(参照:現地観光情報等)